上手なストレス対策

体に外傷や伝染病、栄養不良といった肉体的刺激や、不安、悩みなどの精神的刺激が加わると、その刺激に対して、副腎からホルモンが分泌されてこれに対処しようとします。この刺激をストレスといいますが、本来、ストレスとは刺激そのものであって、これが全くないと、人間の体や精神はうまく機能しません。ですから、ストレスは人間に必要なものといえるでしょう。


しかし、ストレスが過剰になるとホルモンの分泌が異常となり、糖尿病をはじめ高血圧、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、抑うつ症、自律神経失調症など、体にさまざまな悪影響を与えます。

ストレスは糖尿病の大きな原因のひとつといわれています。糖尿病は、ホルモンであるインスリンが分泌異常を起こした病気です。

人間の体や脳は、やり遂げなければいけない仕事などがあったとき、普段より余分にエネルギーである血糖を必要とします。そのため、副腎などから、血糖値を上げるホルモンを分泌し、目的を達成しようとします。これらのホルモンが、血糖値を下げるインスリンの働きを妨げてしまうので、ストレスにより、糖尿病が発病するおそれがあるわけです。

ストレスのない生活はあり得ないのですから、ストレスとうまくつきあう方法を自分なりに工夫することが大切です。規則正しい生活を送り、ストレスをためないようにする、また、心のもち方を楽にして、仕事を含め、すべてに完全主義者であることをやめましょう。

悩みは自分1人でためこまず、家族や友人に相談することです。また、適度なお酒は気分をやわらげ、ストレス解消に役立ちます。しかし、食べすぎたり、飲みすぎたりすれば、成人病や糖尿病につながりますので、ほどほどを心がけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする