尿で体の状態がわかる

「自分は糖尿病ではないか」と気づくきっかけとしては、尿の異常がもっとも多いでしょう。

尿の回数と量が増え、しかも、のどがかわくようであれば、糖尿病の疑いがあります。

このほか、尿の回数だけが増えれば、前立腺肥大や膀胱炎の可能性が考えられます。前立腺肥大は中年以降の男性に多く、尿が出にくい感じがあります。膀胱炎は排尿時に痛みが伴います。

濃い色の尿は、普通は腎臓が健康な証拠なのですが、口のかわきなどの症状を伴えば、可能性としては肝炎ということもあります。

血尿が出た場合は、腎炎、腎臓がんの可能性があります。激しい下腹の痛みがあり、尿が途切れたり、尿に血が混じったりすれば、泌尿器の炎症や結石の疑いがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする